堅実性の高いマンション投資|空室は一番の大敵

お金

年金の代わりにもなる

集合住宅

現在は、本職以外にも副業をしている人が多くいます。しかし、働けなくなった場合を考えると、マンション投資をした方がいいかもしれません。現在の日本ではゼロ金利政策を行なっていますので、働いて稼いだお金を銀行に預けても、ほとんど金利がつかないでしょう。しかし、マンション投資の場合は、高い利回りの設定となっています。中古のワンルームでは5%以上の物件もありますし、新築のワンルームでも3%前後となっています。そのため、不動産投資をする人が多いのです。

また、マンション投資をすることで、定年後の生活が安定します。退職すると収入が一気に減ってしまうでしょう。豊かな生活ができないかもしれません。そのため、安定した収入源を確保するための手段として、マンション投資に注目が集まっています。年金だけで生活していくことができない時代になるかもしれません。そんな時代でも安定した収入源があることで、精神的にゆとりがでます。自由な働き方ができる現代では、より将来のことを考えなくてはいけません。

そして、マンション投資をしていると、もしもの場合があると生命保険の代わりとして利用する人もいます。投資のために不動産を購入して、家賃を収入を得ることができます。もしもローンで購入すると、生命保険がついてきますので、オーナーにもしものことがあっても安心です。ローンはすべて完済されるので安心できますし、残された家族には家賃収入を残すことができます。